マクドナルド BurgerLove 今一番のバーガーを、あなたに。

おいしい!楽しい!バーガーのある毎日。 おいしい、楽しい、NEWSがみつかるバーガー好きのためのバーガーライフマガジン supported by BurgerLove 今いちばんのバーガーを、あなたに。

食べたいNEWSがみつかる、
バーガー好きのためのライフスタイルマガジン。

選手村のマクドナルドは
オリンピアンの“パワーフード”!
※販売を終了しております。

選手村のマクドナルドはオリンピアンの“パワーフード”!

ロンドンオリンピック特別店舗とマクドナルド『オリンピック・チャンピオン・クルー』日本代表(2012年)


熱い夏の戦いをマクドナルドがサポートします。
「日本代表として、お客さまに最高の店舗体験を提供しようとがんばりました。日本代表クルーで過ごした時間も、世界中のクルーとともに活動できたことも、人生の宝物です」
そう語るのは、2012年のロンドンオリンピックに『オリンピック・チャンピオン・クルー』として参加した石関誠人さん。そう、オリンピックに日本代表として参加しているのは、アスリートだけではありません。選手村にオープンするマクドナルドの特別店舗には、世界中から選抜されたマクドナルドのトップクラスのクルーが集い、メダルをかけて戦う選手たちにフードを提供しているのです。

マクドナルドとオリンピックの出あいは、1968年の冬季オリンピック大会に遡ります。当時フランスのグルノーブルで競技するアメリカの選手が、ホームシック気味だと知り、急遽マクドナルドのバーガーを空輸したとか。これをきっかけにマクドナルドは、1976年モントリオールオリンピックのオフィシャルスポンサーとなり、以来40年にわたりオリンピックをサポートしています。1996年のアトランタオリンピックでは、企業レストランとして初めてオリンピック村でフードを提供し、1998年長野オリンピックからは、ワールドワイド・スポンサーとして、世界レベルでのサポートを開始しました。

60年代は、アメリカの“パワーフード”だったマクドナルドも、いまやワールドワイド。世界中の食事を取り揃えた選手村でも常に1、2を争う人気レストランだそうです。メダリストや有名選手が訪れる特別店舗でおもてなしを提供するチャンピオン・クルーの“人生の宝物”になるのも当然といえるでしょう。

さらにオリンピックの開会式には、日本の7名を含む世界20ヶ国100名と現地の子供たちが「マクドナルド オリンピックキッズ」として参加します。これは、マクドナルドの「子供たちに“一生に一度の特別な思い出”を作ってもらいたい」という願いが実現したものです。

アスリートも、クルーも、キッズもリオへ―—。日本に残った私たちは、『必勝バーガー』を食べながら、現地に熱い声援を届けましょう!

2012年ロンドンオリンピック特別店舗でのチャンピオンクルーの様子

2012年ロンドンオリンピック特別店舗でのチャンピオンクルーの様子

他の過去記事

過去記事一覧へ
マクドナルド公式アプリ。簡単な登録でお得なクーポンをゲットできます!
マクドナルド公式アプリ お得なクーポンを配信中! 商品・キャンペーン情報や店舗検索もこのアプリから!
  • Google play
  • App Store