マクドナルド BurgerLove 今一番のバーガーを、あなたに。

おいしい!楽しい!バーガーのある毎日。 おいしい、楽しい、NEWSがみつかるバーガー好きのためのバーガーライフマガジン supported by BurgerLove 今いちばんのバーガーを、あなたに。

食べたいNEWSがみつかる、
バーガー好きのためのライフスタイルマガジン。

出発点は“大人が満足するおいしさ”。
1968年生まれのBIGなスター
ビッグマックの誕生ストーリー

出発点は“大人が満足するおいしさ”。1968年生まれのBIGなスター ビッグマックの誕生ストーリー

マクドナルドを象徴するバーガー、ビッグマック。そんなビッグマックが生まれたのは、今から約50年前のことです。一人の男性の情熱がビッグマックを生み出し、日本にマクドナルドが上陸するきっかけもまた、そのBIGなバーガーだったのでした。今回はそんなビッグマックの誕生ストーリーをご紹介します。


生みの親は、一人の熱きフランチャイズオーナー

10店舗以上のマクドナルド店舗をフランチャイズオーナーとして経営していたジム・デリガッティ

1968年、アメリカ・ピッツバーグ。10店舗以上のマクドナルド店舗をフランチャイズオーナーとして経営していたジム・デリガッティは、経営不振に頭を悩ませていました。自分のお店はもちろん、マクドナルドのブランド全体を盛り上げるにはどうしたらいいか……。そこで彼が思いついたのが、新しいバーガーの開発。何度も本社へのプレゼンテーションに挑戦し、ようやく彼がテスト販売の機会を得たのが、二段重ねの大きなハンバーガー。ジムはそのバーガーに“ビッグマック”と名付けました。

大人の心をギュッとつかんだビッグマック

こうして誕生したビッグマックは、大ヒットを記録。
最初にビッグマックを販売したジムの店は、なんと12%も売り上げがアップしました。一人の情熱的な男性のひらめきから生まれたバーガーが、瞬く間にマクドナルドの主力商品になったのでした。ビッグマックが人気を集めたのは、“大人が満足するおいしさ”を実現したから。バンズの真ん中に薄切りのバンズをもう一枚サンドし、100%のビーフパティを2枚、さらにレタス、ピクルス、オニオン、チーズを入れ、マヨネーズをベースにした特別な“ビッグマックソース”を合わせたビッグマックは、大人が食べても満足感があり、1ランク上のおいしさを感じられる、それまでにない革新的なバーガーだったのです。

ビッグマックはバンズの真ん中に薄切りのバンズをもう一枚サンドし、100%のビーフパティを2枚、さらにレタス、ピクルス、オニオン、チーズを入れ、マヨネーズをベースにした特別な“ビッグマックソース”を合わせたビッグマックは、大人が食べても満足感があり、1ランク上のおいしさを感じられる、それまでにない革新的なバーガーだったのです。

日本進出の決め手になったのもビッグマックだった!

日本マクドナルドの創業者・藤田田が、日本でマクドナルドを展開すると最終的に決めたのは、のちに日本マクドナルドの社員1号となるスタッフの男性が放った一言だったといいます。彼はシカゴのマクドナルドでビッグマックをペロリと2つたいらげると、藤田に「社長、これはいけますで!」と太鼓判。この一言が藤田の中での最終GOサインとなり、1971年7月、マクドナルド日本1号店が東京・銀座三越にオープンすることとなったのです。もちろん1号店のメニューにはビッグマックがありました。それから今日まで、日本でもレギュラーメニューとして定着しています。

今度ビッグマックを食べるときは、ぜひこの歴史を思い出しながら頬張ってみてくださいね!

関連記事

TOPへ
マクドナルド公式アプリ。簡単な登録でお得なクーポンをゲットできます!
マクドナルド公式アプリ お得なクーポンを配信中! 商品・キャンペーン情報や店舗検索もこのアプリから!
  • Google play
  • App Store